竹尾ペーパーショーに行ってきました!

こんにちは。

蝋引き紙を使ったアクセサリー作家のI.L.K.(イルク)です。

 

大阪はきのうの夜からグンと冷え込み、一気に秋の深まりを感じます。

みなさん、体調は崩されていないでしょうか??

暖かいものを食べて、体調崩さないように気を付けたいですね^^

 

 

さて、先日グランフロント大阪で開催された竹尾ペーパーショーへ行ってきました!

www.takeopapershow.com

 

「精度を経て立ち上がる紙」という今回のテーマに沿って、クリエイターの方や作家さんが色んな角度から紙の可能性を考えられ、竹尾さんと作り上げるという内容でした。

(ザックリですが...)

 

 

 

f:id:ilk_mayumi:20181012120436j:plain

「紙」という素材を一旦ばらして(溶かして)、紙漉きで再びハガキサイズの紙を作られたもの、

 

f:id:ilk_mayumi:20181012120549j:plain

紙、磁石、それぞれ粉状のものを混ぜて作られたもの、

 

f:id:ilk_mayumi:20181012120708j:plain

紙を紡いで、布に縫われたもの、

 

f:id:ilk_mayumi:20181012120835j:plain

レーザーで穴をあけて、レースのようになったもの、、、

 

などなど。

 

展示方法もとてもカッコ良かったです。

 

 

 

同じ「紙」だけど、色、質感、厚み、繊細さ、存在、全然違うものでした。

 

私も紙が好きで、紙でアクセサリーがどれだけ作れるかなと思って日々制作していますが、全く想像もしていないことがたくさんあって、とても勉強になりました!!

 

特に紡がれた糸状の紙。

触らせて頂きましたが、あれはもう紙じゃなかったです(笑)

 

展示の最後には、好きな紙をサンプルとして持って帰ってよいという計らいが。

夢のような時間を過ごしました^^

f:id:ilk_mayumi:20181012120944j:plain

 

これからまた新しく季節が進みます。

私も新しいもの、新しい形を作っていきたいと思いました^^

 

 

午後から作業頑張りまーす!