母の七回忌でした。

こんばんは。

深夜ですが、今日は日々のことをササッと更新です^^



先日、母の7回忌ということで京都は宇治市の実家に帰っていました。

父と姉、双子の姉と私の4人久しぶりに全員集合してお昼ご飯を食べに行ってきました!


f:id:ilk_mayumi:20181101002932j:plain

f:id:ilk_mayumi:20181101003006j:plain

f:id:ilk_mayumi:20181101003108j:plain

f:id:ilk_mayumi:20181101003501j:plain


父が予約してくれていた、平等院近くの「竹林」というお店。
秋の食材が詰まっていて、とっても美味しく、贅沢な時間を過ごすことができました。

こうして集まれる家族がいるのは幸せなことですね^^




母は、私がまだ10代の時に乳がんと分かり、左胸を全摘しました。
辛い顔を人には見せず、いつも明るくニコニコしている母は、看護師さんからもとても好かれていました。

自分の母だからそんな実感はありませんでしたが、思い返せば母は、美人でサバサバしていて弱い人を助ける正義の味方みたいな性格をしていて、それでいてスポーツもお裁縫もお料理もできる、完璧な人でした。
ただ一つ、育った環境と気丈な性格によって、辛い時に上手に気持ちを表現できなかったり頼ったりできない人だったんだなぁ、と亡くなってしばらくたってから気付きました。
私も当時はまだまだ幼く、そんな母の辛さに気付いてあげられないことが多かったなと後悔する気持ちが強かったです。


今はもう、そんなことを思って後悔するより自分の人生を幸せに生きれるように努力していくことが母に対する供養になると思い、こういった節目節目に思い直しています。
(普段は忘れてしまうことも多々ありますが...。)


母に比べれば、本当にちっぽけな自分だなぁと辛くなる時もありますが、母を見習って真似できるところは真似して、自分の良さもどんどん伸ばしていくのが、私の今の目標です^^


もし大切な方がなくなって辛い時期の方がいたら、今は無理に受け入れたり強く気丈になったりしなくても良いと思います。
涙が出るならそれを止める必要はないし、存分に悲しんで良いと思います。
私は、時間が経つにつれ自然と少しずつ和らいでいきました。

ぜひ少しずつ、無理をせず前に進んでくださいね。
きっと自然とそういう気持ちになる時が来るので。



平等院近くの「竹林」、ご興味あればぜひ行ってみてくださいね♡
http://chikurin-kyoto.com/index.html




結局ササッと、ではなくなってしまった(^^;